できるだけ歯を抜かない矯正について・杉並区の永福矯正歯科クリニック

できるだけ歯を抜かない矯正

永福矯正歯科クリニック HOME  >> できるだけ歯を抜かない矯正

なぜ歯を抜かなくてすむのか

矯正歯科治療は、抜歯しなくても治療可能な場合があります。せっかくの健康な歯を抜きたくない、という方のために当院では「非抜歯での治療」を行なうことを検討し、治療方針を決定しております。
原則的に、患者様の症状や年齢などを考慮し、それぞれの患者様に最善の治療計画を立てて治療をすすめていきます。ただし患者様は一般的に歯を抜きたがらないものですが、矯正治療では歯並びだけでなく、口元の美しさも重要なポイントと考えます。

したがって治療をトータルにみたとき、抜歯をおこなった方が患者様にとって良いケースも存在します。そういった場合には私は矯正専門医として、「何故抜いたほうがいいのか?」、「抜かなかった場合のリスク」などについてインフォームドコンセント(しっかりとした説明責任)を果たしてまいります。

非抜歯矯正

歯を抜かずに治療するには・・・?
矯正歯科医は抜かなくていい歯を好きこのんで抜くわけではありません。できる限り歯の抜歯を行なわずに治療できるようにと考えます。
そのためには、デコボコな歯をきれいに並べたり、出ている歯を引っ込めたりするにはどこかに隙間を作ることを考えなくてはなりません。そこで、我々は歯を抜かなくてすむために次のいくつかの方法を検討します。

(1)奥歯を移動する

奥歯を移動する

人間の歯というものは、親知らずを除いて通常28本あります。

このうち上下左右の一番奥の歯(歯科では7番と呼びます)を奥に移動してスペースをつくります。奥に移動できる限界もあるためその量には個人差があります。

小児の場合は6番目の歯を奥へ移動させます(時期によって動き易さも違うのでタイミングが大切です)

(2)歯列を側方拡大する

歯列を側方拡大する

歯列が狭い場合は側方歯列を広げることで隙間を作れる場合があります。治療時期は7~8歳が最適です。

(3)歯を削る

歯を削る

歯と歯の間の部分を各々の歯に対し、少しずつ削って隙間を作ります。

歯というものは表面をエナメル質でコーティングされています。この部分の1/4~1/3程であれば、削ってもその後きれいに研磨することにより、虫歯やしみたり等の事を防ぐことが出来ます。

以上をまとめ、歯を抜くか、抜かないかのボーダーラインのケースでの各々の方法のメリット、デメリットをお話しします。

歯を抜く場合

メリット
*上下の歯のバランスもよく、口元のバランスも良くなります。
*骨格的に問題がある場合も、ほとんどの場合で外科手術なしで治すことができます。

デメリット
*歯を抜かなくてはなりません。

歯を抜かない場合

メリット
*歯を抜かなくても良い。

デメリット
*口元の突出感が出ることがあります。

歯を抜かないといっても親知らずがある場合には上記その(1)の操作上障害となるので、ある場合には抜かなくてはなりません。(歯を抜かない治療といっても、親知らずは抜きます。)

上記その(1)(2)の操作をするため、通常の矯正装置以外に装置を使うことがあります。

骨格的に問題のあるときは、外科手術を伴うことが多くあります。

よく考えて頂きたい点

抜歯は歯列を小さくするので、治療後は口元が引っ込んで綺麗になりますが、非抜歯は歯列を大きくして並べますので、治療後は今よりやや口元が出る場合がございます。

矯正治療における抜歯基準とは、矯正治療のゴールをどこに設定しているか(矯正治療の価値をどこにおいているか)によって異なります。

明らかに抜かないで治療できるケースも多数ありますが、場合によっては、どうしても抜かなければならないケースも存在します。当院では、患者様の歯列の状態にあった最適な治療計画をご提案いたしますので、その説明を聞いたうえでご検討いただければと考えています。

Page Top ▲