当院で今まで行なってきた治療例・杉並区の永福矯正歯科クリニック

治療例

|  叢生  | 上顎前突  | 開咬  |  空隙歯列  |  下顎前突  |  過蓋咬合  |

叢生(八重歯、乱ぐい歯) 叢生(八重歯・乱ぐい歯)

症例1 初診時9歳

症例1:叢生 Before 症例1:叢生 after
   

永久歯が生えそろう前に治療を開始することにより、
上顎を拡げて、抜歯をせずに歯のデコボコを並べることが出来ました。

症例2 初診時13歳

症例2:叢生 Before 症例2:叢生 after
   

上下の小臼歯を2本ずつ抜歯し、見た目だけでなくかみ合わせも良好になりました。
審美性も気にされていたので、目立たない透明のブラケットで治療しました。

症例1 初診時9歳

症例1 初診時9歳 症例1 初診時9歳
   

永久歯が生えそろう前に治療を開始することにより、
上顎を拡げて、抜歯をせずに歯のデコボコを並べることが出来ました。

症例2 初診時13歳

症例2 初診時13歳 症例2 初診時13歳
   

上下の小臼歯を2本ずつ抜歯し、見た目だけでなくかみ合わせも良好になりました。
審美性も気にされていたので、目立たない透明のブラケットで治療しました。

上顎前突(出っ歯)

症例1 初診時20歳

症例1:上顎前突 Before 症例1:上顎前突 after
症例1:上顎前突 Before 症例1:上顎前突 after  
   

上の前歯の突出と前歯がかみ合わない症状でした。
舌癖が認められたので、治療と平行して舌のトレーニングも行いました。

症例2 初診時36歳

症例2:上顎前突 Before 症例2:上顎前突 after
症例4:叢生 Before 症例4:叢生 Before  
   

上の前歯の突出が強かったため、上の小臼歯を2本抜歯して突出を改善しました。

症例1 初診時20歳

症例1 初診時20歳 症例1 初診時20歳
症例1 初診時20歳 症例1 初診時20歳  
   

上の前歯の突出と前歯がかみ合わない症状でした。
舌癖が認められたので、治療と平行して舌のトレーニングも行いました。

症例2 初診時36歳

症例2 初診時36歳 症例2 初診時36歳
症例2 初診時36歳 症例2 初診時36歳  
   

上の前歯の突出が強かったため、上の小臼歯を2本抜歯して突出を改善しました。

開咬

症例1 初診時17歳

症例1:開咬 Before 症例1:開咬 after
症例1:開咬 Before 症例1:開咬 after  
   

上下の前歯がかみ合わず、麺類が噛み切れない状態でした。
舌癖が認められたので、治療と平行して舌のトレーニングも行いました。

症例1 初診時17歳

症例1 初診時17歳 症例1 初診時17歳
症例1 初診時17歳 症例1 初診時17歳  
   

上下の前歯がかみ合わず、麺類が噛み切れない状態でした。
舌癖が認められたので、治療と平行して舌のトレーニングも行いました。

空隙歯列(すきっ歯)

症例1 初診時22歳

症例1:空隙歯列 Before 症例1:空隙歯列 after
   

前歯の隙間をインビザラインによって治療を行い、隙間を閉じました。

症例1 初診時22歳

症例1 初診時22歳 症例1 初診時22歳
   

前歯の隙間をインビザラインによって治療を行い、隙間を閉じました。

下顎前突(受け口)

症例1 初診時5歳

症例1:下顎前突 Before 症例1:下顎前突 after
   

乳歯列の反対咬合で、下の前歯が上の前歯を覆っていました。
ムーシールドを夜間使用し、被蓋改善しました。

症例2 初診時8歳

症例2:下顎前突 Before 症例2:下顎前突 after
   

混合歯列の時期に来院され、治療を始めました。
歯を抜かずに正しいかみ合わせを獲得できました。

症例3 初診時29歳

症例3:下顎前突 Before 症例3:下顎前突 after
   

成人の患者様です。
歯を抜かずに歯列を拡大し、治療しました。

症例4 初診時20歳

症例4:下顎前突 Before 症例4:下顎前突 after
症例4:下顎前突 Before 症例4:下顎前突 Before  
   

顎変形症の反対咬合で、外科手術を行い治療しました。

症例1 初診時5歳

症例1 初診時5歳 症例1 初診時5歳
   

乳歯列の反対咬合で、下の前歯が上の前歯を覆っていました。
ムーシールドを夜間使用し、被蓋改善しました。

症例2 初診時8歳

症例2 初診時8歳 症例2 初診時8歳
   

混合歯列の時期に来院され、治療を始めました。
歯を抜かずに正しいかみ合わせを獲得できました。

症例3 初診時29歳

症例3 初診時29歳 症例3 初診時29歳
   

成人の患者様です。
歯を抜かずに歯列を拡大し、治療しました。

症例4 初診時20歳

症例4 初診時20歳 症例4 初診時20歳
症例4 初診時20歳 症例4 初診時20歳  
   

顎変形症の反対咬合で、外科手術を行い治療しました。

過蓋咬合

症例1 初診時8歳

症例2:叢生 Before 症例2:叢生 Before
   

上の歯の咬み込みが深く、下の歯が見えない状態でした。
取り外しの出来る装置と、部分ワイヤーで治療しました。

症例1 初診時8歳

症例1 初診時8歳 症例1 初診時8歳
   

上の歯の咬み込みが深く、下の歯が見えない状態でした。
取り外しの出来る装置と、部分ワイヤーで治療しました。。

Page Top ▲