当院で行なう小児矯正について・杉並区の永福矯正歯科クリニック

お子様の矯正

小児矯正を始める前に

子どもの場合、美しい歯並び、正しい噛み合わせになるように早い時期から成長発育を見守ることが大切です。 あごの成長が途中の子どものころから、矯正を始めると、顎の成長をうまくコントロールすることが可能になり、キレイに仕上がる、抜歯する可能性が低くなるなどのメリットがあります。早い時期に矯正を始めると、あごの成長を適切に誘導しながら治療を進めていくことができるので、より永久歯が生えるときに正しい噛み合わせにできる可能性が高くなります。

矯正を始めるタイミング

矯正を始めるタイミングは、子どもが装置を使えるようになればいつでも可能ですが、顎の成長を治療に利用できる時期の方が、より良好な治療結果を期待できます。気になったときが治療時期と考えていただき、一度検診を受けることをお勧めします。

噛み合わせ治療の重要性

噛み合わせの異常があると噛む機能がうまく働かないだけでなく、体や顔のゆがみの原因になる他、コンプレックスとなることにより性格など心理面に影響があります。治療を開始する時期は、その方の噛み合わせの状態によりますが、できるだけ早期に取り組むことで、より効率的に改善できる場合もあります。

癖が顎骨に及ぼす影響

指しゃぶりなど、癖やその他の不正を引き起こすと考えられる原因を取り除くことで、予想される不正が起きないようにします。永久歯に生え変わる成長期で、顎の骨がよく発達するのがこの時期ですので、大切な永久歯を抜かずに歯並びを整えることも可能です。また、不正をそのまま放っておいて、将来本格的な矯正治療を受けるよりも、簡単な装置でしかも治療費用も安く治すことができます。

咬合育成、及び予防矯正

当院では乳歯と永久歯の両方が生えている時期(混合歯列期)に適切な処置を施すことで、不正咬合を予防する、予防矯正治療を行っています。

予防矯正とは

7才前後~9才くらいの時期は性別によっても異なりますが、アゴを広げたり、骨格に対するアプローチが出来ます。
一見、親子さんは歯並び(歯のデコボコ)に目を向けがちですが、骨格に影響が出る、反対咬合(受け口)や口腔周癖による開咬(前歯が咬み合わない)、唇の咬みぐせによる上顎前突(出っ歯)や、アゴのゆがみは早いうちに専門医に相談していただければ、早期治療で治すことが出来ます。
治療が出来るタイミングを逃さないで頂きたいと思います。

相談フォーム

歯っぴい Kids Club

歯っぴい Kids Club

当院では乳幼児の予防矯正のために歯っぴい Kids Clubがございます。

生後6ヶ月頃から下の前歯が生え始め、2歳で乳歯が全て生え揃います。

この期間のケアが重要で、遺伝や指しゃぶり、虫歯などが原因で歯並びが悪くなり、将来矯正治療をしなければならない状況も起こりえます。

矯正治療を未然に防げるよう、また将来しなくてはならない場合でも最小限の治療で済んだり、治療期間をなるべく短縮できるよう予防指導に力を入れております。

歯っぴい Kids Clubでは、お母様がご心配されている不正咬合、虫歯や、悪い習慣をなくすよう適切な予防処置をしております。また早期の原因究明、適切な治療やアドバイスにより、乳歯の時点で予防できる場合もあります。

お母様が気になった時点で速やかにご相談されることが、歯を守る予防の最善策です。
早いタイミングでご相談、ご入会されることをお勧めします。

会員資格:0~6歳
入会費:2,000円(+税)
特典1.定期観察料無料(年に1~2回)
特典2.ご年齢に合わせたお子様用歯ブラシをプレゼント
特典3.将来矯正治療される場合、治療費3%割引き

予防矯正の大切さ

  • 患者様の負担を軽減し最小限の矯正治療で済む場合があります
  • 抜歯を避けられる可能性が高くなります
  • 不必要な歯の移動を軽減できます
  • 顎の成長発育を見ながら最善の治療計画がたてられます
  • 正しい歯並びにより歯のみがき残しが少なくなり虫歯予防になります(特にブラッシングの重要性を知って頂きます)

虫歯予防の為にも正しいブラッシングを

虫歯予防の為にも正しいブラッシングを

当院では歯の汚れを視覚的にチェック(染め出し)し、お子様にもどれだけ歯みがきが重要なものかを目で見て納得して頂いています。

こんなに綺麗になりました

Ⅰ期治療(予防矯正)を小児の頃から的確な時期に行うことで、口腔内を管理し永久歯の抜歯が避けられました。
このあと、Ⅱ期治療へと移行し、仕上げの治療を行います。Ⅱ期治療も短期間で治療をすることが可能になります。

症例5:開咬(小児) Before 症例5:開咬(小児) After
 
症例5:開咬(小児) Before
症例5:開咬(小児) After
 
症例5:開咬(小児) Before
症例5:開咬(小児) After
 
症例5:開咬(小児) Before
症例5:開咬(小児) After
症例5:開咬(小児) Before
症例5:開咬(小児) After
 
症例5:開咬(小児) Before
症例5:開咬(小児) After
 
Page Top ▲