症状別に判断する、口腔内の状態・杉並区の永福矯正歯科クリニック

症状で調べる

治療の必要な歯並び

上顎前突

上顎前突とは一般的には、「出っ歯」と称されており、上顎(上の歯)の前歯が突出している症状をいい、上前歯の過度の成長や下前歯の成長不足、幼少時の指しゃぶりなどが原因に挙げられます。

上顎前突の症状により咀嚼機能の低下もみられますが、見た目でのコンプレックスにより治療を始める方が多いです。

上顎前突

反対咬合(下顎前突)

反対咬合(下顎前突)とは「受け口」、「しゃくれ」と称されており「出っ歯」とは逆に下顎の前歯が前に突出した症状をいいます。

虫歯になりやすく、発音障害になりやすいです。

原因には、いくつかの要因が考えられ遺伝によるものや、発育障害、口呼吸、指しゃぶりなどがあり幼少時からの治療が望まれます。反対咬合も上顎前突と同様に見た目によるコンプレックスに悩む方も多く治療を受けられております。

反対咬合(下顎前突) 反対咬合(下顎前突)

叢生(そうせい)

別名、「乱ぐい歯」と呼ばれ、顎の骨が小さい場合、歯の並ぶスペースが出来ず本来並ぶべき場所ではない場所に歯が生えてしまうため、でこぼこに並んでしまうケースです。

一部犬歯が乱ぐいを起こすと八重歯になります。

叢生は虫歯になりやすく虫歯から口臭や歯周病などを引き起こします。

叢生(そうせい) 叢生(そうせい)

開咬(かいこう)

開咬とは歯をかみしめたときに奥歯は噛み合うのに前歯が噛み合わない症状をいいます。逆に前歯は噛み合うのに奥歯が噛み合わない場合も同じです。

原因には幼少時の指しゃぶりや舌を出す癖によるものが多く前歯の隙間を広げてしまうからです。

咀嚼や発音に障害が生じ歯肉が乾きやすく歯周炎症を起こしやすくなります。

開咬(かいこう)

空隙歯列

空隙歯列とは顎の大きさに比べて歯が小さかったり歯の数が少ないことにより隙間ができる状態です。
食事の際に食べ物が挟まりやすく、前歯だと隙間が目立ちます。

空隙歯列

過蓋咬合

過蓋咬合とは下の前歯が見えないほど上の前歯が覆いかぶさった状態をいいます。
かみ合わせが固定された状態ですので、歯肉を痛めやすく、噛み合った歯が消耗しやすいかったり、顎の関節を痛めやすいので全身症状が出やすいです。

過蓋咬合
Page Top ▲