小学生の矯正治療|杉並区永福町の永福矯正歯科クリニック

ご予約・お問い合わせ
お問い合わせ
土日診療

【診療時間】10:00〜12:30/14:30〜20:00
【診療最終受付時間】19:00
【休診日】月曜日・木曜日・第1、第3、第5日曜日・祝日

小学生の矯正治療

小学生の矯正治療

お問い合わせ

医院情報

永福矯正歯科クリニック

〒168-0064
東京都杉並区永福2-53-12 1階

03-5300-0477

【診療時間】
10:00〜12:30/14:30〜20:00
【診療最終受付時間】
19:00
【休診日】
月曜日・木曜日・
第1、第3、第5日曜日・祝日

できるだけ歯を抜かない矯正
治療の流れ 治療の流れ 不正咬合の種類 その他の治療 ブログ スタッフ募集

小学生の矯正治療

「美しい歯並びは、お子さまの財産になります」

小学生の矯正治療

矯正治療、なかでも小児矯正は、症状にもよりますが、顎の成長を活かし、コントロールしながら正しい位置に導くことができるため、多くのお子さまに美しい歯並びと健全な噛み合わせをもたらします。
昨今のグローバル社会への移行の流れの中で、将来お子さまが好きなこと、得意なことを生かし、多方面でご活躍することを願う際に、保護者として与えられる一つの財産となるでしょう。

  • 歯磨きをしやすくなることで虫歯や歯肉炎の予防につながり、健康な歯を長く使い続けることができます
  • 将来的に得られる美しい歯並びは、集中力アップにつながることを期待できます。
  • 食べ物をしっかり咀嚼できることで、内臓への負荷が軽減します
  • 口元のコンプレックスが少なく明るい健やかな未来を、お子さまにプレゼントすることができます

成長期前の今この時期だからこそ実現できる完成度の高い矯正治療があります。

お子さまの歯並びが気になる保護者さまへ

できるだけ永久歯を抜かないために…

小児矯正にはメリットがたくさんあります

子どもの場合、美しい歯並び、正しい噛み合わせになるように早い時期から成長発育を見守ることが大切です。 顎の成長が途中の子どものころから矯正を始めると、顎の成長をうまくコントロールすることが可能になり、キレイに仕上がる、抜歯する可能性が低くなるなどのメリットがあります。

症例
症例
症例
7〜8歳頃に始められる小児矯正は、取り外し可能な装置で、顎の成長を適切に誘導し、将来的に永久歯を抜かないで済む場合が多いです。

噛み合わせ治療の重要性

噛み合わせ治療の重要性

噛み合わせの異常があると噛む機能がうまく働かないだけでなく、体や顔のゆがみの原因になる他、コンプレックスとなることにより性格など心理面に影響があります。治療を開始する時期は、症状にもよりますし、個人差もありますが、早期に治療を開始することで、効率的に進む場合もあります。

癖が顎骨に及ぼす影響

癖が顎骨に及ぼす影響

指しゃぶりなど、癖やその他の不正を引き起こすと考えられる原因を取り除くことで、予想される不正が起きないようにします。永久歯に生え変わる成長期で、顎の骨がよく発達するのがこの時期ですので、大切な永久歯を抜かずに歯並びを整えることも可能です。また、不正をそのまま放っておいて、将来本格的な矯正治療を受けるよりも、取り外しが可能でお子さまへの負担の少ない装置で治療することが可能です。しかも治療費も抑えることができます。

矯正を始めるタイミング

矯正を始めるタイミング

矯正を始めるタイミングは、子どもが装置を使えるようになればいつでも可能ですが、顎の成長を治療に利用できる時期の方が、より良好な治療結果を期待できます。症例にもよりますが、顎骨を整える段階(予防矯正・Ⅰ期治療)と歯並びを整える段階( 本格治療・Ⅱ期治療)とその他の治療ステップがあり、どの段階で治療を行なうかは個人によって異なります。(治療の流れ「Ⅰ期治療」「Ⅱ期治療」詳細はこちら)
気になったときが治療時期とどうかお考えください。お子さまの症状にあった『始めどき』のアドバイスをいたします。矯正を専門とする歯科医師による無料相談をおすすめいたします。

7~8歳のお子さんにとても有効です!
わずか30分・初診無料相談 0120-71-4187
わずか30分・初診無料相談 0120-71-4187

成長を最大限に活かした矯正治療とは

顎骨の幅を拡大する装置「拡大床(かくだいしょう)」

成長を最大限に活かした矯正治療とは… 成長を最大限に活かした矯正治療とは…

大人と違って、まだまだ成長過程にあるお子さまの場合、装置を使って上顎や下顎の横幅(歯列弓)を広げることで、歯を並べるために必要なスペースを作り、抜歯せずに矯正を行なうことが可能です。 この顎骨をコントロールする矯正装置のことを「拡大床(かくだいしょう)」または「拡大装置」とよびます。 装置の中央に装置の幅を伸縮させる「拡大ねじ」があります。

拡大床は取り外しができますが、1日10時間ほどは装着しておく必要があります。 お子さまが装着をスタートさせた後は、ご家庭で医師の指示通り、定期的に専用の棒で拡大ねじをまわして、少しずつ装置の幅を拡大していきます。 拡大床により内側から力を加えられ続けることで、歯の土台となる歯槽骨が両サイドに押し広げられ、お子さまの歯列弓はきれいな形に拡大されます。 こうして拡大矯正が完了した後は、歯を抜くことなく歯並びを矯正することができるようになります。

拡大床の治療が適しているのは、主に乳歯列期や混合歯列期初期のお子さまで、矯正の第Ⅰ期治療(顎骨を整える治療)として使用されます。 症例によっては、拡大床の治療のみで歯列矯正が完了することもあります。
しかし多くの場合は、乳歯列期や乳歯と永久歯が混ざった混合歯列期に拡大床で歯列の幅を広げた後に、全ての歯が永久歯に生えそろうのを待ってから、第Ⅱ期治療(歯並びを整える治療)として、ワイヤーとブラケットを使ったワイヤー矯正を行ない、全体の歯並びやかみ合わせを治療します。

Ⅰ期(初期)治療とⅡ期(本格)治療

お子様の歯は、個人差はありますが、乳歯が生え始めてから10数年を経て、全てが永久歯に萌え換わります。
Ⅰ期(初期)治療とⅡ期(本格)治療の二期に分けて矯正治療を行います。

>詳しくはこちら

症例集

症例1

7歳8ヶ月

Before
After
Before / After

9歳3ヶ月

After
After
Before / After

症例2

Before
After
Before / After
After
After
Before / After

症例3

Before
After
Before / After
After
After
Before / After

料金について

矯正治療に必要な矯正装置の費用、保定装置代および治療技術料

早期治療(乳歯列期)
主に就学前のお子様の歯列矯正、反対咬合、交叉咬合の治療
¥100,000(+税)
Ⅰ期あるいは初期(予防矯正 小児 混合歯列期)
歯列の拡大、保隙、あごの成長管理、ワイヤーによる部分矯正
¥320,000+税~

>詳しくはこちら